>

不動産投資という選択

セミナー等で情報を得る

不動産投資という分野は実は驚くほど広いと言えます。
そのカテゴリーの書籍コーナーがあるくらいですから、一から学ぼうとしたらそれこそ膨大な知識と情報が必要になるわけです。
ただ、不動産投資を実際にする(物件を購入し運用する)には、そこまでの情報は必要なく、ポイントをおさえることが重要です。

やはり、その業界の現場の声を聞けるという点ではセミナーはとても有効ではないでしょうか。
不動産投資の物件を専門に扱っている会社が主催しているものなど、多数行われているようです。
本屋やネットの資料からでも、情報を得ることができますが、直に話が聞けるのは理解度合いも異なります。
多人数でのセミナーに気が引けるというのであれば無料の相談会などもあります。

アプリで仮想投資

先のセミナーや相談会においては、個々にシミュレーションしてくれるところもあるようです。
一般の人であれば、物件は数多くは購入できません。
目当てのものがあって、決めきれないときに質問をするなどもいいかもしれません。
自分の年収から購入できる範囲や物件の選び方、返済プランなど、あらかじめ質問を用意しておくのもいいでしょう。
ストレートに「いい物件を探している」「価値が落ちづらい物件は?」という質問ももちろんありでしょう(笑)。

営業されてしまいそうで、と心配な方には一人で調べることもできます。
最近では、不動産投資のシミュレーションのアプリも多数でているので、そこでシミュレーションを重ねて導き出すという手もあります。
地域別に物件検索できるもの、また不動産価値を測るものもあるようです。


この記事をシェアする